ハイゼット トラック ご成約

更新日:2020年7月7日


先日、ハイゼットトラックのご契約を頂きました。

誠にありがとうございます。


商用車もニコノリでご契約して頂くことができます。

リース費用は賃貸借契約となりますので、経費として計上できますので節税対策にもなります。

是非、社用車でもご検討下さい。



さてハイゼット トラックですが、近年軽トラックの製造メーカーが減ってきているのは、ご存じでしょうか?

現在、軽トラックを製造しているメーカーはホンダ・スズキ・ダイハツとなりますが、ホンダのアクティの製造が2021年6月で終了となります。


今後は軽トラックは2車種に限定されるものだと思われます。(トヨタ・スバル・日産はOEMもございますが、製造元が上記2メーカーなので)

以前は一部で『農道のポルシェ』と言われたスバルのサンバーもあったことを考えると、寂しい限りです。


大まかな車種は減りましたが、軽トラックにはバリエーションがあります。

ハイゼットの場合、

『スタンダード』



天井にゆとりのある『ハイルーフ』


シートがリクライニングできる『ジャンボ』





がございます。


ジャンボに関しましては、荷台の積載量が変わりますので、使用用途も踏まえてご検討頂くのがよろしいかと思います。


また最近軽トラックは安全装備も充実してきました。

ダイハツの安全装備『スマートアシストt』が搭載されておりますので、お仕事でお疲れの時などの事故発生率を軽減すると思います。


軽トラと女性というのはあまり馴染みはないかも知れませんが、最近は画像のような装備もオプションで用意されております。



最近の軽トラック、いかがでしょうか?

車種は少なくなってきましたが、面白いバリエーション、装備が増えてきています。

軽トラックをご検討の際は、是非ニコノリパックをよろしくお願い致します。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示