ekクロス ご成約


画像出典元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/exterior/


ご報告が遅れてしまいましたが、12月にekクロスのご成約も頂いておりました。

早ければ来週中にご納車の予定となっております。


ekクロスの特徴と言えば、やはり強烈な印象を与えるフロントマスクです。

X字にかたどられ、どの車にもない独特なスタイルを生み出しています。

三菱車はエクリプスクロス、RVRなどもそうですが、切れ込みがグッとあるデザインに最近シフトしています。

その中でもekクロスは2019-2020年カー・オブ・ザ・イヤー(スモールモビリティ部門)受賞となっております。

========================================

2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーでスモールモビリティ部門賞

【 受賞理由】

軽自動車としての操縦性、安全性、運転支援システムなどの基本性能を従来のモデルから大きく向上させたのが、この日産と三菱による共同開発車だ。

また、スペースを有効に活用して決められたサイズの中でも高い居住性を確保した点も評価した。さらにスタイリングも個性的でありそれぞれ好感が持てる。

出典: https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1584/_64534.html

========================================

こちらでもデザインに関して触れられています。




運転支援システムに関しましては、 高速道路同一車線での運転支援技術『マイパイロット』は高速をメインでお使いになられる方はオプションで選択をされてもよろしいのではないかと思います。



またクロスの意味として、最近流行りのSUVとクロスオーバー(持ち合わせ)しているという部分も含まれているのだと思います。

三菱はパジェロやデリカ、RVRを代表としたRV車(アウトドアで活用される車)には昔から定評があるメーカーです。

一時カルト的な人気があったランサーエボリューションもラリーカー(舗装されていない砂道を走るレースカー)として有名です。

パジェロもランサーエボリューションもなくなってしまいましたが、現在販売されているエクリプスクロスは世界的にも高い評価を受けているSUVとなっています。

RVという表現がなくなってきて、SUV(RVの一カテゴリーですが)という言葉が台頭し、SUV人気絶頂の昨今でも、その系譜は受け継がれていると思います。


長々となってしまいましたが、

その三菱が、近年ずっと人気の軽ハイトワゴン(軽自動車で背の高い車)の実用性と三菱が得意なSUVのアクティブな部分を組み合わせてできたのが、このekクロスになります。

CMを見ていても三菱の本気度が窺えるぐらいの宣伝を行っていますので、メーカーとしても自信の一台です。


実用性を保ちつつアクティブな車を好まれる方、個性のある車が好みの方、最近流行りの1人キャンプの相棒などに男女問わずオススメのお車となっております。

こちらのお車は、車両カラーが赤や黄色といった奇抜に見える色でも、車のデザイン自体に強烈な個性があるので、違和感がなくシックリくる車でもあることをお伝えさせて頂きます。

ご興味をお持ちになられた方は是非お問い合わせくださいませ。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示